本文へスキップ

脱毛方法の違い

使用する脱毛器によって脱毛方式と効果は全く違ってきます

脱毛方法によって効果は全く違ってきます

いま、どのような脱毛方法があるのでしょうか?

基本的に、これら6つの方法があります。

ムダ毛を処理するという点では同じなのですが、毛の状態は全く違ったモノになります。

カミソリ脱毛

最も一般的な脱毛方法ですね。

特に思春期の頃、ムダ毛が生えてくる事に驚いたのと同時に、カミソリを使ってムダ毛処理を始めたのではないでしょうか。

若い頃の毛は、それほど太くもなく、とても柔らかいモノです。

しかし、年を取るにつれて徐々にしっかりとした硬い毛に変化していきます。

硬い毛をカミソリで剃ると、エッジの効いた断面になり、チクチクするようになります。

特に男性がスネ毛やモモ毛をカミソリで剃った、次の日は本当に大変な事になります。

とにかく、チクチク痛痒い!

とても耐えられるものではありません。

男性の場合、太い毛をカミソリで剃ってもすぐに伸びてきて、痛痒くなるので、カミソリ脱毛は男性にはあまりおすすめ出来ません。

顔周りは、カミソリ脱毛でも大丈夫ですが。

また、元々、毛が薄くて細い方なら平気なのですが。

■カミソリ脱毛が向いている人

・元々の毛が細い方

・顔周りだけの脱毛

・毛が薄い方

毛抜き脱毛

ピンセットを使っての脱毛ですね。

ピンセット自体は、とても安く、どこでも買えるので手軽な脱毛器と言ったところでしょうか。

ピンセットを使って脱毛する場所と言ったら、顔周りぐらいでしょうか。

あとは、変な場所からたまに生えてくる、馬鹿毛。

広い範囲を脱毛するのには、絶対的に向きません。

毛を抜いて脱毛するという事は、毛根も一緒に無くなるという事です。

ですので、抜いた部分はしばらくの間、毛は生えてきません。

しばらくすると、もちろん毛根が再生されて生えてきますが。

ピンセットを使っての毛抜き脱毛は、とにかく痛さとの戦いですね。

■毛抜き脱毛をするなら

・顔周り

・ばか毛

・乳毛

パナソニックのSOIE(ソイエ)脱毛

毛抜き式脱毛器と言えば、PanasonicのSOIEではないでしょうか。

昔、よくテレビでCMが流れていましたね。

「綺麗なお姉さんはすきですか?」

というフレーズのCMです。

CM上では、涼しい顔をして脱毛をしている感じがしますが、毛抜き式の脱毛は最も痛い脱毛方法ではないでしょうか。

脱毛中は、とにかく痛みとの戦いです。

また、脱毛後は皮膚が赤くなり、鳥肌状態になります。

冷却が必要になります。

しかし、根元からしっかりと脱毛出来るのでしばらくの間、毛は生えてきません。

また、生えてきても新生毛なのでチクチクしません。

また、広範囲を短時間で脱毛できるので、脱毛器としては大変優れていると思います。

痛みに耐えられるなら、つかえる脱毛器です!

SOIEはこんな方に向いています

・痛みに強い方

・皮膚が強い方

・安くて効果的な脱毛器を探してる方

・すぐにムダ毛処理したい方

ナビゲーション

人気商品ランキング

  1. ケノン

  2. レイボーテエクストラ

  3. トリアビューティー

脱毛器情報

脱毛豆知識